テクニカルチャート

FX取引をするにあたって、絶対に外せないのがチャートです。
過去のマーケットの流れを参考に、今後の方向性を見極めるために編み出された分析手法ということで、実際の取引はチャートを見ながら自分で流れを掴んでいくという形になります。

ローソク足

相場の分析手法には、大きく分けてファンダメンタル分析とテクニカル分析の2つがありますが、
やはり注目しなければならないのはファンダメンタルではないでしょうか。

景気や雇用、消費、経常収支など経済の根幹となる要素の変化に注目してマーケットへの影響を考え将来の価格動向を分析するという点から外貨を扱うにあたって、重要なヒントがたっぷり詰まっていると思われます。

これに対してテクニカルは結局、ファンダメンタルをベースにして、
マーケットに参加している投資家の行動心理を分析したものと考えられます。

現実、投資家の間ではそれぞれ流派が大きく分かれることもあるようですが、
個人投資家の場合は、どちらの分析も概要を憶えておくことに損はないと思います。